TOP  >  うまいもの屋さん

エリアマップ


1 2 3 4 5 >> 16

2017/04/01号 | 焼きたてパン工房 サンベルゴ

 昭和54年(1979年)に開業して以来、お店に並ぶ種類豊富なパンは全て生地から手作りで、地元の皆さんに愛され続けています。
 創業の宮下晃さんの後を継いだ長男の和朋店主は、「工夫と冒険」が大好き。ルバン種というオリジナルの酵母を低温で長時間(2、3日)熟成させ、小麦の香りが特徴のおいしいパンを生み出しました。
 同店で一番人気は、十勝産の小豆(あずき)を使った「大納言ブレッド」(1本600円+税、ハーフで300円+税)。もちもちのパンに小豆の上品な甘さが加わっておいしいです。これには、黒豆、紫いもあんなど5種類が姉妹品になりました。以前TVで取り上げられ人気商品になったのが「食パンかりんとう」(190g入り300円+税、330g入り500円+税)。食パンの耳をまず油で揚げて黒糖をからめるのがポイントで、抹茶味もあります(190g入り300円+税)。味がしみて濃く、クセになります。
 また、同店では足立区内のお菓子屋さんが作る人気の商品の取り寄せ販売をしています。二度塗りの麩菓子、わらび餅(以上ミサワ食品)、五家宝、きな粉ひねり(同ワタトー)、りんごジャムサンド(ゼロいち食品)など。「皆さん遠くへ買いに行けないでしょ」と宮下さん。パンにも商売にも「やさしさ」があふれています。


>>続きを読む


1 2 3 4 5 >> 16


うまいもの屋さんモバイル