TOP  >  企業ナウ

エリアマップ


1 2 3 4

1999/03/15号 | (株)浅古自動車整備工場

 今、全国の自動車整備業界で「エコロジー車検」という新しい商品が注目を集めています。これは、?通常の車検のメニューに特殊な「エンジン洗浄」を加え、有毒排気ガスの排出量を最小限に抑える?メンテナンスプランを組み、安全な部品管理によりゴミを出さない――など環境に配慮した新システム。
 このシステムを開発したのが同社。「エンジンは新車の状態に戻るので、完全燃焼で燃費も良くなるんですよ」。細かいデータを見せながら熱っぽく語るのは、浅古定男同社社長(58)の長男・純一専務(32)。元々欧米で開発された「エンジン燃焼系統クリーニングシステム」を使用し、エンジン内に付着したカーボンやワニス、スラッジなどの汚染物を溶かすのです。
 浅古専務は、トヨタに3年半勤めた後、8年前に同社に入社しましたが、その中で「地球環境の悪化が社会問題になっている今、業界のモラルとしても、会社のビジョンとして?エコ車検?を商品化しようと考えた」と言います。


>>続きを読む


1 2 3 4