TOP  >  企業ナウ

エリアマップ


1 2 3 4

2000/02/15号 | 昭栄自動車(株)

 介護保険法の実施に伴い、介護や福祉の問題が浮かび上がっていますが、同社はその時代の流れを敏感にとらえて、昨年10月から区内法人タクシーとしては初めて、車イスごと乗れる?福祉タクシー?をスタートさせました。
 その名は「リリーフ」。うたい文句は、「一般タクシーと同じ料金でご利用できる」「オートリフトが整備され、車イスごと乗れる」。7人乗れて(車イスの方が乗る場合は5人)660円(初乗り2?まで。予約はプラス400円、迎車料金660円)で、乗務員は東京消防庁認定の患者搬送適任者。この車両は、現在3台。
 同社は、昭和25年(1950年)に設立され、現在、151台のタクシー、ハイヤーを所有。タクシー業界の「自由化」の動きの中で、「高齢化社会」への対応を模索。
 同社の武居正幸社長(53)は、「母が車イスだったので、乗用車で送迎しましたが、中腰の姿勢になったりして腰を痛め大変な思いをしました。車イスのままタクシーに乗せられたら…と考えたんです」。
 担当の土井宣彦さん(42)は、「需要がかなりあることがわかりました。皆さんに喜ばれるよう頑張りたい」と話しています。
 新サービスの自宅と羽田空港を結ぶ乗合タクシー「ジェットハーモニー」も好評。


>>続きを読む


1 2 3 4